もののけ姫が伝えたい事やメッセージを考察!

もののけ姫が伝えたい事やメッセージを考察!

この映画は、宮崎駿監督による1997年公開のアニメーション映画で、日本の中世を舞台に、人間と自然の対立を描いています。この映画は、世界中で高い評価を受けており、日本アカデミー賞やアニー賞など多くの賞を受賞しました 。

この映画は、私たちにどんなことやメッセージを伝えてくれるのでしょうか?この記事では、「もののけ姫」が伝えたいことやメッセージについて考察していきます。あなたも一緒に考えてみませんか?

目次

映画「もののけ姫」が伝えたい事やメッセージは何か考察!

サンの画像

「もののけ姫」が伝えたいことやメッセージについて考察していきます。

私は、以下の三つのテーマに注目してみました。

  • 「生きろ」という言葉の意味
  • 人間と自然の対立と共存
  • 宮崎駿監督の思い

それぞれのテーマについて、詳しく見ていきましょう。

①「生きろ」という言葉の意味

この映画は、日本の中世を舞台に、呪いによって死ぬ運命を背負った少年アシタカと、森の神であるシシ神と人間との戦いに巻き込まれた少女サンの物語を描いています。

この映画のキャッチコピーは「生きろ」という言葉でした。この言葉は、映画の中で何度も繰り返されます。アシタカは自分の運命に抗うために、「生きろ」という言葉を胸に旅立ちます。サンは自分の居場所を見つけるために、「生きろ」という言葉を受け止めます。シシ神は自分の森を守るために、「生きろ」という言葉を示します。

この「生きろ」という言葉には、どんな意味が込められているのでしょうか?私は、この言葉には、

  • 命を大切にし、精一杯生きること
  • 自分の信念や目的を持ち、それに向かって行動すること
  • 人間も自然も尊重し、共存すること

というメッセージが含まれていると感じました。この映画では、生と死が切実に描かれています。人間も自然も互いに傷つけ合い、滅びようとしていますが、その中でも、アシタカやサンやシシ神は、それぞれの立場から生きることを選びました。彼らは、「生きろ」という言葉を通して、私たちに命の尊さや意味を伝えてくれたのでしょう。

②人間と自然の対立と共存

もう一つの大きなテーマは、人間と自然の対立と共存です。この映画では、人間たちが自然を破壊することで、自然が人間に復讐し、両者が激しく争っています。特に、鉄を作るために森を切り開くタタラ場とシシ神の森は、象徴的な対立関係にあります。

しかし、この対立は単純ではありません。タタラ場の人々は、社会から追われたり差別されたりした人々であり、エボシ御前に救われています。

彼らは鉄を作ることで自分たちの暮らしや国を守ろうとしているのです。一方、シシ神やもののけたちは、森を守ることで自分たちの命や平和を守ろうとしています。どちらも悪くないし、正しくないのです。

この映画では、人間と自然の対立を解決することはできません。しかし、アシタカやサンやシシ神は、互いに理解しようと努力します。アシタカは人間も自然も尊重し、仲介者となります。サンはアシタカとの出会いで、人間にも良い面があることを知ります。シシ神は最後に、タタラ場の人々を殺さずに、森を再生させます。

この映画では、人間と自然の共存は難しいことですが、不可能ではないことを訴えています。

③宮崎駿監督の思い

最後に、宮崎駿監督がこの映画を通して伝えたかった思いについて考えてみましょう。宮崎駿監督は、この映画を作るきっかけになったのは、日本の歴史や文化に関心があったからだと語っています。宮崎駿監督は、日本の中世を舞台にして、日本の自然や民俗や神話などを取り入れています。

  • アシタカの一族は蝦夷(エミシ)であり、縄文文化やナラ林文化
  • シシ神は出雲国の乙事主(オッコトヌシ)であり、古代神話や照葉樹林文化
  • サンの仮面や入れ墨は古代の朱印やオオカミ信仰

このように、宮崎駿監督は、日本の歴史や文化について深く調べて、この映画に盛り込んでいます。

宮崎駿監督がこの映画で伝えたかった思いとは、以下のことではないでしょうか。

  • 日本の歴史や文化に興味を持ち、学ぶこと
  • 日本の自然や伝統や神話に敬意を持ち、大切にすること

この映画は、私たちに日本のアイデンティティーやルーツについて考えさせてくれます。

映画「もののけ姫」の魅力は?

「もののけ姫」の魅力は、深いテーマとメッセージではないでしょうか。

人間と自然の対立や共存という大きなテーマが描かれています。

このテーマは、現代社会にも通じる普遍的な問題です。私たちは、自然を破壊したり利用したりすることで、自分たちの生活や文明を発展させてきました。

しかし、その代償として、自然からの反発や災害や汚染などに直面しています。私たちは、自然とどう向き合うべきなのでしょうか?私たちは、自然とどう共存することができるのでしょうか?この映画では、このような問いに対して、考えるきっかけやヒントを与えてくれます。

また、この映画では、「生きろ」という言葉が繰り返されます。この言葉には、

  • 命を大切にし、精一杯生きること
  • 自分の信念や目的を持ち、それに向かって行動すること
  • 人間も自然も尊重し、共存すること

というメッセージが含まれていると感じました。この映画では、「生きろ」という言葉を通して、私たちに命の尊さや意味を伝えてくれているのでしょう。

もののけ姫に関しては以下も検索されています、ぜひ参考にしてください!

まとめ

この記事では、「もののけ姫」が伝えたいことやメッセージについて考察しました。

主なテーマは、「生きろ」という言葉の意味、「人間と自然の対立と共存」、「宮崎駿監督の思い」でした。この映画は、命や自然や文化について深く考えさせられる作品だと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

目次