三陸花火2023秋当日券はある?穴場スポットや屋台情報について!

三陸花火秋はかなりスケールの大きな花火大会です。東日本太平洋で一つだけある花火競技会なのです。ですので、花火職人さんや花火会社さんが全国からこの人のために花火を作り、打ち上げするのですが、その数なんと15,000発以上という大規模なものです。

さらに音楽とコラボした花火もあり、国内最高峰の花火とさえ言われているので例年たくさんの人が訪れます。

混雑を避けるためにも、基本的に無料観覧席はなくすべて有料、そして当日券も発券されていないのです。ですので有料でチケットを購入すれば確実に迫力ある花火が間近で見る事ができます。

今回の記事では、

  • 三陸花火2023秋当日券はある?
  • 三陸花火2023秋穴場スポットは?
  • 三陸花火2023秋屋台は出る?
  • 三陸花火2023秋概要!

などを紹介していきますので、ぜひ今年は旅行を兼ねながらでも三陸花火を見に行きませんか?

目次

三陸花火2023秋当日券はある?

三陸花火2023秋ではまず無料観覧席がなくすべて有料での観覧となります。

そして、有料観覧席の当日券はなく、すべて事前でチケット購入が必要となっています。

チケットは、オンライン、店舗どちらでの購入も可能となっていて、基本的に車で来場する人は、駐車場込みのチケット購入が条件なので気を付けておいてくださいね。

おそらくもうそろそろ9月に入ればチケット販売がスタートするのではないかと予想します。

ちなみに席の種類はかなりたくさんありますので紹介してみます。

エリアA自由席・駐車場無7,000円 1名分
エリアA自由席・駐車場有10,500円 1名分・駐車場1台分
エリアB自由席・駐車場無5,000円 1名分
エリアB自由席・駐車場有9,000円 1名分・駐車場1台分
リラックスBOX自由席・駐車場無25,000円 4名まで
リラックスBOX自由席・駐車場有28,000円 4名まで・駐車場1台分
エキサイトBOX自由席・駐車場無23,000円 4名まで
エキサイトBOX自由席・駐車場有26,000円 4名まで・駐車場1台分
エキサイトBOX最前列指定席・駐車場無48,000円 4名まで
エキサイトBOX最前列指定席・駐車場有51,000円 4名まで・駐車場1台分
エキサイティング指定席シングル・駐車場無12,000円 1名分
エキサイティング指定席シングル・駐車場有 15,000円 1名分・駐車場1台分
シングルシート最前列指定席・駐車場無20,000円 1名分
シングルシート最前列指定席・駐車場有23,000円 1名分・駐車場1台分
カメラマンエリア駐車場無8,000円 1名分

もう一つは、DRIVE in HANABI というのがあって、乗車定員分・駐車場1台で45,000円 というのも選択できるようになっています。

以下のサイトからチケット購入できますので、ご参考ください!

三陸花火2023秋チケット公式サイト

三陸花火2023秋穴場スポットは?

三陸花火2023秋は、かなりの人で混雑する予定ですが、基本的にすべて有料席なので、お金がかかります。

お金をかけて見るまではしたくないけど花火は見たいという方には、目の前で見る花火より迫力は少し欠けますが、それでも全景が見れたり、ゆっくり鑑賞できたりする穴場をいくつか紹介します。

本丸公園

住所:岩手県陸前高田市高田町本丸 
本丸公園地図

公園なので、駐車場もトイレもあって安心して見る事ができます。

さらに公園には少し高くなっている場所もありますので、市内を一望できる高台に行くと花火の全景を見る事ができて満足度が高いスポットです。

三本松高台

住所:岩手県陸前高田市気仙町 
三本松高台地図

三本松高台は、三陸花火が観覧できるとして地元の方にすでに知られていますので穴場の中では人がいる方です。しかし会場ほどの混雑はないうえにスペースが広いのでゆったり鑑賞することができます。

また高台なので花火も一望できますよ。しかし駐車場がないので、有料駐車場に停めて歩いてくる必要があります。

箱根山

住所:岩手県陸前高田市小友町茗荷 
箱根山地図

少し会場からは距離がありますので花火の迫力には欠けますが、完全に混雑はなくゆっくり静かに鑑賞できるので、雰囲気を作るデートなどにお勧めのスポットです。

三陸花火2023秋屋台は出る?

三陸花火2023秋は、屋台の出店はあります。

昨年は30店舗ほどだったので、今年も同じくらいかそれ以上と予想されています。

屋台の種類としては定番のお好み焼き、焼きそば、とうもろこし、フランクフルトや、スイーツの綿あめ、りんご飴などはもちろん、なんといっても目玉は「三陸ならではの地元屋台」の蒸し牡蠣、気仙沼ホルモン、焼きホタテなどの名物のお店があるんです!これは楽しみですよね!

ちなみに屋台は、高田松原運動公園だけの出店で、東西に分かれて出店しているようなので、早めに行って食べたいものをチョイスして花火に向かいましょう。

ちなみに花火会場は飲食持ち込み禁止なので気を付けてくださいね1

三陸花火2023秋概要!

ここで三陸花火2023秋の概要を紹介しておきます。

SANRIKU FIREWORKS COMPETITION 2023

  • 開催日:2023年10月8日日曜日
  • 雨天:雨天決行・荒天中止
  • 開場時間:12:00 ~ 20:00
  • 打ち上げ時間:18:00 〜 19:30
  • 開催場所:高田松原運動公園
  • 打上数:15,000発以上
  • 観覧席:20,000席(全席有料観覧)

前述もしましたが、有料観覧席のみなので事前チケットを購入する必要があります。

花火に関しては以下も検索されています、ぜひ参考にしてください!

まとめ

三陸花火2023秋ではまず無料観覧席がなくすべて有料での観覧となります。有料観覧席の当日券はなく、すべて事前でチケット購入が必要となっています。

穴場スポットは、本丸公園、三本松高台、箱根山などがありますが、混雑は少なめですが、花火の迫力も少し欠けてしまいます。しかし無料なので気軽に行けますね!

当日は屋台もおそらく30店舗ほど出て、三陸ならではの海産物の屋台もありますので、期待大です。花火もグルメも楽しめる三陸花火、行く価値あり!ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

目次