顔の毛穴がすごく目立つ!春の毛穴開きを完全解決まとめ

顔の「毛穴」という悩みは10代からでも感じる悩みで、どんな世代でもこの悩みは尽きないと言っても過言でないほど多くの女性が悩まされています。

そして、春はあらゆるダメージにより深刻化しやすいのです。

春の毛穴開きの原因と改善方法をまとめていきます。

目次

春は毛穴が特に気になる!?春の毛穴開きの原因

桜と女性のイメージ画像

頬の凹凸、雫型の毛穴など「毛穴」に悩む人は世代に問わず多いです。

特に春の時期は、毛穴の開きが加速しやすいとか!

なぜでしょうか?

◉春に毛穴の開きが加速しやすい主な原因◉
  1. 花粉の季節
  2. 気温が上がったり下がったりする不安定な気候
  3. 急に強くなる紫外線
  4. マスクの影響

これらが肌にとってストレスになり、悩みを悪化させてしまうのです。

主な原因をより詳しくみていきます。

原因①花粉の季節

女性のイメージ図

花粉は、肌の角質層に入り込んでバリア機能を壊します。
花粉症で何度も鼻をかんだり目を擦ったりする刺激も肌を傷めます。

バリア機能は肌を外的要因から肌を守ろうとする機能なんですが、これが花粉により壊されると様々なダメージを受けやすくなるので、毛穴が開きやすくなるだけでなく乾燥も招きます。

また、鼻をかむ・目を擦るといった摩擦が刺激となってしまうので、悪化しやすくなります。

原因②気温が上がったり下がったりする不安定な気候

新緑のイメージ図

春の季節の変わり目の気候は、寒暖差が激しいです。
これに体がついていけず睡眠の質が低下してしまい、肌の生まれ変わりが早まってしまいます

肌は無数の細胞でできていて、その細胞は6週間で生まれ変わると言われています。

その生まれ変わるサイクルが早まると未熟な細胞となって作られるので、バリア機能が弱まる=外的ダメージを受けやすくなってしまうということです。

原因③急に強くなる紫外線

紫外線のイメージ図

紫外線が強くなると、気温の上昇に伴い皮膚温が上がります。
皮膚温が上がると皮脂腺が活発化されるので、毛穴の原因である皮脂が過剰に分泌され開きやすくなります

また、急激な日照時間の変化による自律神経の乱れは皮脂を増やして乾燥肌を激化させてしまいます。

乾燥肌はキメが乱れるので、毛穴が目立ちやすくなってしまうのです。

原因③マスクの影響

マスクの女性のイメージ図

マスクをつけていること自体が、すでに肌にとってマイナスダメージなのです。
良質なマスクでも、肌にとってはストレスとなってしまいます

ストレスホルモンのサブスタンスPが分泌されて炎症反応が起こり、皮脂分泌が活発になって毛穴が目立ちます。

更に暖かくなると、マスクの中は汗や呼吸で高温多湿になるので、汗で蒸れると細菌が繁殖しやすくなって赤にきびの温床ななります。

また、蒸れたマスクを外すと、その瞬間に一気に水分が蒸発して激しい乾燥を招いてしまいます。

春に感じやすい毛穴開きの解決策まとめ

女性イメージ図

春に感じやすい毛穴開きの解決策は以下になります。

◉自宅でできる毛穴開きの解決策◉
  1. クレンジングと洗顔の見直し
  2. マスクをつける際にすべきこと
  3. 生活習慣

春の毛穴開きの原因から、この3つを抑えておくと毛穴悩みも解決されやすくなるので、詳細は以下になります。

解決策①クレンジングと洗顔の見直し

女性イメージ図

特に悩みが気になる方は、お使いのクレンジング・洗顔を見直してみるのも1つです。

肌のバリア機能を壊す合成界面活性剤は、ほとんどのクレンジング剤に含まれています。

ですので、気になる方は日焼け止めやフェンデージョンが落ちる「石鹸」タイプに変えてみても良いかもです。

①クレンジングは「石鹸タイプ」・洗顔ポイント

石鹸で落とせる日焼けどめやファンデーションを使用し、純石鹸で落とす

  1. →純石鹸は天然の界面活性剤で、洗顔後に肌に残ると、肌の常在菌のえさになるので、バリア機能を壊しにくくなります。
  2. クレンジング・洗顔時のすすぎの温度は体温より少し低い34~35℃程度のぬるま湯がベスト。必要な皮脂を落としすぎないようにするのが大切です。

解決策②マスクをつける際にすべきこと

マスク着用のイメージ図

マスクをつけるだけで肌にはストレスとなりますが、つけない訳にもいかないのが現状です。

しかし、可能な限り意識すべき行動をとるだけでも、肌の負担は違ってきます。

②マスクで気をつけること

マスクをつける際も、必ず日焼け止めをつける。

  1. →マスクの摩擦によって日焼け止めが落ちやすいため、マスクで隠れる部分にも忘れず塗り、こまめな塗り直しをします。マスクを外しても問題がない場面では外しておく。

マスクの下に汗をかいたらこまめに拭き取る。

  1. →汗で蒸れると細菌が繁殖しやすくなる&マスクを外した瞬間水分が蒸発して乾燥を引き起こしてしまうので気をつける必要があります。
  2. マスクで擦れやすい頬骨の部分などは、あらかじめワセリンやクリームなどを塗っておくことで、保湿しながら摩擦を軽減できます。

解決策③生活習慣

朝のイメージ図

肌の悩みはケアを行うだけでなく、実は生活習慣にも大きく影響します。

生活習慣で特に気をつけたら良いのが以下になります。

③生活習慣で気をつけること

毎日6時間以上の睡眠をとる。ストレスを溜めない。

  1. →睡眠不足やストレスが溜まると、自律神経やホルモンバランスが乱れてしまいます。そうなると、非分泌が過剰になり、毛穴の開きの原因に繋がるので睡眠の確保・ストレス発散をしっかり行いましょう。

動物生脂肪を摂りすぎないようにする。ビタミンCの他、A・B群・Eを積極的に摂る

  1. →ビタミンCは過剰な皮脂分泌を抑えるだけでなく、ストレスや免疫にも関わっていて、全身の様々な器官で必要とされている栄養素です。しかし、体内で作ることができないので、緑黄色野菜やイモ類などを積極的に摂る必要だあります。(余分な皮脂を出す動物性脂肪は控えるようにしましょう)
  2. ビタミンC以外は、肌の代謝を促すビタミンAやビタミンB2 、B6高い抗酸化力を持つビタミンEも併せて摂取してみましょう!

開き毛穴は正しいスキンケアと栄養摂取で肌を守るバリア機能を高め、ストレスを発散させることで、ゆっくりでも確実に改善できます!

今からでも始められることから取り入れてみましょう!

まとめ

今回は、春の時期特に感じやすい「毛穴の開き」について原因と解決策でまとめてみました。

原因としては、

  • 花粉の影響
  • 温暖さのある気候
  • 紫外の強さ
  • マスク

この4つが主な春の時期に影響がある原因です。

解決策としては、

  • クレンジングと洗顔の見直し
  • マスクをつける際に気をつけること
  • 生活習慣

意外と、スキンケア以外でも解決できることがあるのです!

ぜひ、この記事を見て参考にしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

目次
閉じる